喫煙でついたヤニは原状回復の範囲内?

喫煙でついたヤニは原状回復の範囲内?

喫煙者は賃貸借マンションやアパートに住んでいると、部屋の中でタバコを吸った時に発生するヤニが気になるかと思います。原状回復を巡ってのトラブルを避けたい、と思っても喫煙自体は基本的に日常生活で起こり得る範囲のものとして位置付けられているので、用法違反や善管注意義務違反の対象には当たりません。クリーニングできる範囲であればヤニは通常の損耗にあたるものとして、認められます。

しかし、通常のクリーニングでは除去できないほどのヤニとなると、別の話になります。通常損耗というのは普段行っている退去後のルームクリーニングにおいて、除去できる範囲のものとしているので、それで除去できないとなると原状回復の為の費用は支払わなければなりません。その場合、クロスの張り替え費用が借主の支払いの対象となります。

そうなると部屋の中での喫煙も注意しなくてはなりませんが、それをあらかじめ予防するのであれば、部屋の中の換気を良くして、喫煙中は窓を開けたり、換気扇の下で喫煙するなどすると良いでしょう。しかし、大抵はルームクリーニングで除去されるので、1日の喫煙量が2箱以上のヘビースモーカーの方でなければ、それほど問題視することではないでしょう。

    Copyright(C) 原状回復の実態 All Rights Reserved.