思わぬトラブルが起こった場合の修繕費用

思わぬトラブルが起こった場合の修繕費用

どこに住んでいても思わぬトラブルとは隣り合わせです。たとえば住んでいる賃貸マンションやアパートに空き巣に入られてしまったり、石などが飛んできてガラスを割られてしまった場合などがあります。
自分の過失ではないにしろ、窓ガラスを壊されてしまったなどがあった場合には、自分で原状回復の為の修理・修繕費用を負担しなくてはいけないのだろうか、と考えると不安になることと思います。

しかし、借主の故意などではなく、思わぬトラブルで部屋のどこかが損傷してしまった場合は、原則管理人が負担することになっています。貸主には建物の使用、および収益に必要な修繕に関しては自ら対応しなくてはならない、という義務があります。従って、過失によって窓ガラスを壊した、等ではなく、空き巣や飛んできた石によるものということであれば管理人が窓ガラスを修繕する義務を負うことになります。

他にも台風によって窓ガラスが割られてしまった、というケースも同様です。しかし、例外もあります。
たとえば窓に網戸があったにも関わらず閉めておかなかったということの場合は、借主の管理義務違反があったということで、借主が負担しなくてはなりません。
いずれにしろトラブルを避ける為には防げるところはしっかり防いでおきましょう。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 水分混入による乳化を防止し優れた防錆性で錆の発生を抑制する潤滑システムなら、優れた耐水性と油膜保持性を得られるので効果的な運用が出来ます。

Copyright(C) 原状回復の実態 All Rights Reserved.