賃借人が負う原状回復という義務

賃借人が負う原状回復という義務

賃貸マンションやアパートに住んでいる内は、大切にその部屋に住まないといけません。マンションやアパートはあくまで借りているもので、家主の所有物になります。退去時には故意はもちろん、過失で部屋に損傷を与えてしまったら次の入居者が気持ちよく住むことはできませんし、入居者がみつからないかもしれません。そうなると家主の方に大きな損害を与えてしまいます。そうならないように、しっかりと修繕して、入居時と同じ状態(原状回復)にしておく必要があります。

この原状回復は民法によって定められており、賃借人は明け渡しにあたって賃借家屋を原状に回復させないといけない、とあるので入居時の契約からそのような義務を追っていることになるのです。

また、どのあたりまでが原状回復というのか、というのも難しいところではあります。故意、あるいは過失で残してしまった損傷は責任を負って修繕しなくてはいけませんが、何事もなく住んでいて自然と発生してしまったものに関しては、その責任は問われないということがあります。この部分の修理費用について家主と入居者の間でトラブルになることも少なくありません。

そういったことから「原状回復を巡るトラブルとガイドライン」というものを国土交通省が定めました。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 制御装置なしの軽量でコンパクトなリューベのオイル潤滑ポンプユニットなら、ヨーロッパの安全規格に適合しているので安心して使用出来ます。

Copyright(C) 原状回復の実態 All Rights Reserved.