敷金は原状回復に充てられる

敷金は原状回復に充てられる

賃貸マンションやアパートを借りる時には、敷金が必要な物件だった場合、それを入居前に支払っていると思います。これは何の為のお金なのか?というのはご存知でしょうか?

入居前に支払う敷金は退去時に原状回復するための費用に充てられます。
賃貸マンションやアパートの場合は入居者さんが退去すると、次の入居者さんのために、部屋を入居前と同じような状態にしなくてはなりません。もしも元々住んでいた方の故意や過失などで部屋に損傷があったにもかかわらずそのままにしてしまった場合、次に入居する方がそれを嫌がりますので、入居者さんが集まらなくなってしまい、家主さんも空き室を抱えたままになってしまいます。そうなってしまっては家主さんも困ってしまいますので、敷金を事前に回収しておき、後々退去する時に部屋に損傷があった場合の資金に充てるのです。

もしも退去する時に部屋に損傷を残してしまっていた状態であっても、敷金を支払っているから後々請求されない、という安心感はありますが、敷金を超えるほどの修理費用があった場合には追加で負担しなくてはなりません。

また、入居する時に敷金を払わなくても良い、という物件もありますが、入居中に部屋に損傷を残してしまった場合には、退去時に原状回復費用を支払わなくてはなりません。

    Copyright(C) 原状回復の実態 All Rights Reserved.